エントリー

カテゴリー「同人」の検索結果は以下のとおりです。

ギリギリ更新で申し訳ありません!ファイヤーワークス・冬の新刊は2冊です!

pixivやコミケwebカタログに情報は出してますのでそちらのまとめを掲載しておきます。






にこのぞ&まきぱなとなっております、既刊情報はカタログの方にてご覧ください。
webカタログへ。 

ではでは30日はよ-28a「ファイヤーワークス」でお待ちしています!
あったかくしてね!! 

9/28開催の「僕らのラブライブ!5」に参加された皆様、お疲れ様でしたー。
そして合同サークル「緑炎犬」にお越しいただいた方々に厚くお礼申し上げます、ありがとうございました。

当日は殆どの方が予想していた通りの大混雑というか大盛況でしたね、2Fにいたので4Fがあまりゆっくり見れなかったです…。

今回の新刊のエリチカちゃん本ですがかなり好評をいただいてまして非常に嬉しい限りです、わーいわーい。
感想がいただけるのが本当にありがたいです…次回も頑張りたいと思っております。

次回といえば次の参加予定イベントは冬コミとなっています、冬までちょっと休憩…と言ってもあと2か月と少ししかありませんけどね、自分で言ってて焦りまくりです…やばい!
冬コミ、受かってるといいなぁ…冬はまきりんぱなの予定ですが他にも描きたい、デス、ね…。

今回のエリチカ本もメロンブックス様にて委託をお願いしています、通販は以下のURLからどうぞ。

http://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=71648
(メロンさんサイトへ)

私の手元にも少部数ですが在庫は残ってますので受かったら冬コミに持ち込みます。
また夏コミ発行のまきぱなR18本はZINさんをご利用ください(メロンブックスさんにもおそらくまだ在庫はあります) 

http://shop.comiczin.jp/products/detail.php?product_id=21207
(ZINさんサイトへ) 

 

本日はにこりんぱな公開録音に行ってきました、第2部の方!
もうお腹痛くなるくらい笑ってきました、すごい楽しかったです。
中の人系もまた何かやりたいんですよね…できるかなぁ。

 

おまけ・かしこいかわいいメガネーチカ
megane_eli.jpg 
新刊でもいっぱい描きましたけど…あえてのメガネ絵里で! 

お久しぶりでございます、秋太郎です。
9/28に秋葉原UDXで開催される僕らのラブライブ!5あわせの新刊が完成いたしましたのでサンプル・詳細を掲載しておきます。

『エリチカちゃんは帰らない』 オフセット/B5/P20/400円(イベント頒布価格)
2F・か57,58「緑炎犬」にて頒布 

01.jpg

02.jpg

03.jpg

04.jpg

05.jpg

と、こんな感じのギャグ漫画になっております…久々にこてこてのギャグ描いた気がします(笑)
Pixivにも同じサンプルを掲載中ですのでチェック等で利用されている方はそちらもよろしくお願いします。



今回の新刊もメロンブックスさんに委託をお願いしてますがメロンさんの通販サイトが全面リニューアル中でして、通販は停止中でございます。
店頭へはイベント同日の28日から並んでいると思いますのでイベントへの参加が難しい方は是非メロンさんをチェックしてみてください。
通販は再開され次第また告知いたします。


また、僕ラブ5以降のイベント参加予定は冬コミとなってしまいますので御用のある方はなるべく今回のイベントでお願いします…しかし当日はかなりの混雑が予想されますのでスタッフさんの指示に従って安全に行動してください。
注意事項はイベント公式サイトに掲載してあるようなのでそちら未見の方は一度確認しておくことをオススメします。 

 

ではでは、28日は緑炎犬のファイヤー担当でお待ちしております!
でっかいエリチカちゃんポスターが目印! 
あ、既刊はエロなので今回は持っていけません、そちらはメロンさんまたはZINさんでお願いします~っ!  

もうすでに1週間以上経過していますが改めまして夏コミお疲れ様でした。
今回のコミケは割と涼しくて過ごしやすかったですね、西だったせいもあるかもしれませんが。
一応冷やしタオルとか氷水とか持って行ってたんですがこれはこれであって良かったです、ただこれ以上暑くなる場合はさらに水分などの荷物増やさなきゃならんのかと考えるともうそろそろ夏コミはパスしたくなってきますね(苦笑)

今回のコミケもたくさんの方に新刊・既刊両方を手に取っていただけたことを大変嬉しく思っております、当スペースにお越しいただいた皆様、本当にありがとうございました、そしてお疲れ様でした。
新刊既刊とも持ち込み分は完売となりましたが新刊「ナイショのおうさま」はまだ在庫がございますので次回持ち込み可能イベントでも頒布いたします。
また、現在メロンブックス様、COMIC ZIN様にて委託をお願いしていますのでよろしければ各ショップ様の方も是非ご活用ください。

メロンさん通販ページ   ■ZINさん通販ページ

(メロンさんは通販在庫が復活することがあります、まだ店頭にはあると思いますが各店舗へご確認ください)

そして次回コミケ87に申し込みました、まきぱな…と見せかけて凛ちゃんメインで描けたらいいなと思ってます!
c87_cut.png

次のイベント参加予定は9/28、秋葉原UDX開催の僕ラブ5になります。
今回は「ファイヤーワークス」ではなく珪藻さん・望月さんとの合同サークル「緑炎犬」で申し込んでいますのでそちらの名前をチェックしていただけると助かります。
rek_cut_2sp.png

3サークルとも3年生中心本の予定、うちはカット通りエリチカちゃん中心本になりそうです。

 

最後に、コミケ新刊についてすでに色々な方から感想を頂きましてその都度お礼の返事をさせていただいてますがここで改めてお礼申し上げたいと思います、本当にありがとうございます。
本当にありがたく読ませていただいてます、思い返しては糧にしてます(笑)
「まきぱな良いですね!」って言っていただける機会がじわじわと増えていてニヤニヤしつつ飛び上がりながら泣いてます。
やはりまきぱなは求められている…っていうか私が求めてます!ください。

ください。

…今後もまきぱな、その他の本がモリモリ出せるように精進したいです。
(そう言って、秋太郎は懐ゲーに手を伸ばした) 

エントリを掘り返してたら当サークル最後のアイマスちははる同人誌の補足説明なんて記事が出てきてしまったので作品解説ブーム(?)に乗って晒してしまいます!

「花を咲かせよう」は2011/12/31に発行した当サークル最後のアイマス・千早×春香本です。 

これ以下が当時の文章となります。
----------------------

今さらですが2011年の冬コミで発行した当サークル最後のちははる同人誌「花を咲かせよう」の補足説明をここに記しておきたいと思います。

一度Twitterで書いてすっかり更新した気分になってたので今さらなのです…。

 

まずはこの本がうちの本初見という方には非常に分かりにくい構成になってると思います、その点については申し訳ないなーと感じてはいますが「これで最後」と決めて描いていたのでそこはもう、私のワガママ、「俺ちははる」を貫かせてもらいました。

そもそもうちの本って恋愛の過程とか一切描いてこなかったけどね(笑)

そういった点も考慮してこの本では「まっすぐに気持ちを伝える千早」とその想いに対して「きちんと返答する春香」をどストレートに描いたつもりです。
この本のピークであろう春香の泣きシーンですがここは凄い複雑な感情を抱きながら描いてました。
春香の泣いてる顔はあんまり描きたくないでもこの涙は悲しい涙じゃないしおいアニメの展開どうなってんだよそれよりこの本マジで間に合うのかよ

みたいな(笑)

でも拙いなりに描ききった感は凄くありましたね、ハイ。

作中で季節は冬から春に移って、ちーちゃんに余裕が現れ始めてましたが千早は晴れて恋人になった後は相手に対してすごいクサイ台詞を平気でバンバン吐きそうなイメージなんですよね。
んで春香もそういうこと言われるのはあまり嫌いじゃなさそうっていう、なんだよーお前らもう結婚しちまえよ!

で、結婚させてみたのが5年後マンガです(笑)
結婚というか同棲ですけど。
2設定で5年後なので春香23歳千早22歳の状態です、とてもいい年齢ですね。

春香のツインリボンは残そうかなーと悩んだのですが「ちょっと大人なはるるん」が描きたかったのであのようなカタチに落ち着きました。
私の絵だと非常に分かりにくいのですがサイドから編込んだ髪を後ろでピン止めでまとめてリボンつけてます、実際やれるかどうかは知りません!

千早はメガネ、メガネですメガネメガネ。
実は千早の視力は落ちてません、あのメガネは春香のリクエストです(笑)
伊達メガネはファッションのひとつでもありますしお手軽変装アイテムにもなりますしね…という事であの千早は伊達メガネを複数所持しております。
当初は「目が悪いわけでもないのに何故メガネなんて」と思っていた千早ですがメガネを外す瞬間(とき)に必ず春香から「カッコイイ><」と言ってもらえるのが病みつきになってかけ続けるように…むしろ春香の前以外ではかけません、春香専用メガネ。

変装のためというのはウソだったのよ春香。

こんな感じで春香しか見えてない千早が私は結構好きです…(笑)
今回の本でも千早は春香としか言葉を交わしてないんです、亜美真美出てきてるのに。
露骨だわ…うちのちーちゃん露骨だわ…。

最後に表紙ですが、これちょっと悩んだんですよね。
笑顔って意外と表紙にしづらいというか避けられる傾向にあります、瞳が描けないから。
瞳が描いてある方が見栄えがしますからね、あとキャラの区別がつきやすい。

そこを投げ打っても笑顔にしたのは本文あとがきに書いたとおり「二人が幸せであるように」との気持ちを表現したかったからです。

----------------------

ここから2014年8月の追記となります。
改めて読み返してみると絵ヘタだなぁと思うんですがでもやりたいこと全部詰め込んでる本だなぁとも思えます。
これを描いた当時はアイマスが劇場アニメになるなんて当然知らなかったんですけど劇場版を見てこの本のことを思い出してくれた方が複数いらっしゃってなんだかとても嬉しくなりました。
劇場版の春香千早は間違いなく夫婦でしたから(笑)

 

ではでは、ちょっと変わった話にお付き合いいただきありがとうございました。
2014chihaya.png 
今でも春香より千早のほうが描き易かった、です(苦笑) 

ページ移動

ユーティリティ

calendar

052017/0607
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

NEW

WEB CLAP

拍手送信フォーム

archive

access